ブログ表示を高速化! “Remove query strings from static resources”問題の対処法

2013/10/27

GTmetrixは、ブログの高速化に便利なサイトです。
ウェブサイト表示速度などのパフォーマンスを測定してくれます。

高速化の指摘項目の1つに”Serve resources from a consistent URL”というものがあります。

説明によると、

It’s important to serve a resource from a unique URL, to eliminate duplicate download bytes and additional RTTs.

つまり、リソースはユニークなURLで提供しましょう。
同じリソースを異なるURLで提供すると、それぞれにダウンロードが発生しますよ。
ということです。

指摘項目を見てみると、.css, .png, .jpgのリソースに”?de68a9″というURLパラメータが付いています。

Screen Shot 2013-10-20 at 11.17.57

原因は「W3 Total Cache」プラグイン

「何じゃこれ?」ということで調べてみるとここにたどり着きました。

Remove query strings from static resources to improve page speed

どうやら「W3 Total Cache」プラグインが付けているようです。

解決方法

「W3 Total Cache」プラグインを導入していると、WordPressの管理画面に、[Performance]というメニューが追加されます。

そこから、[Browser Cache]を開きます。

Screen Shot 2013-10-20 at 11.19.33_1

[Prevent caching of objects after settings change]のチェックを外すか、”Prevent caching exception list:”に除外したいリソースを指定します。

今回は *.jpg, *.png, *.css, *.js を除外するために下記を指定してみました。
(除外したいリソースにマッチする正規表現を書きます。)

.*wp-content.*\.jpg
.*wp-content.*\.png
.*wp-content.*\.css
.*wp-content.*\.js

Screen Shot 2013-10-27 at 9.58.57

[Save all settings]ボタンを押して、完了です。

再度、計測してみるとリソースの後ろにURLパラメータが付く問題は解決しています。

Screen Shot 2013-10-27 at 10.12.18

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*