亀田音楽専門学校が面白すぎてハマった

2013/11/10

いまNHK Eテレでやっている「亀田音楽専門学校」がめちゃくちゃおもいしろいです!

面白すぎて、4話分くらいまとめて見てしまいました。
やめられない、止まらない。

「あの歌のサビはなぜ泣けるのか?」「あの歌のイントロはなぜ気分がアガるのか?」
時代の先端を走る音楽プロデューサー・亀田誠治さんが、J-POPのヒット曲に隠された音楽の秘密を解き明かします!

引用元:亀田音楽専門学校 – NHK

ということで、音楽について詳しくない人でも、ヒット曲の秘密を、楽しみながら知ることができます。

第1回 「おもてなしのイントロ術」

イントロの種類を以下の3種類に分類し、それぞれについて代表曲を紹介しながら解説があります。

  • サビやAメロのメロディーをモチーフにしたイントロ
  • 歌にはないまったく新しいフレーズで作るイントロ
  • リズムとコードだけのシンプルなイントロ、イントロがない歌始まりの曲

例えば、「歌にはないまったく新しいフレーズで作るイントロ」曲として「愛は勝つ」が紹介されています。
この曲は、亀田さんとアンジェラさんがともに認める、ベストイントロ曲だそうです。

「愛は勝つ」のイントロメロディーはサビやAメロには出てこないのですが、専用のメロディーがイントロと間奏に現れることで、力強く人を曲に引き込んでいく、とのこと。

もし、「愛は勝つ」のイントロがAメロだったら、というパターンと、オリジナルのパターンで実演があり、分かりやすいです。

また、アンジェラ・アキさんが、自信の曲のボツイントロを紹介するなど、レア度が高いです。

豪華ゲストによる実演

ゲスト講師が、アンジェラ・アキさん、秦 基博さん、KREVAさん、槇原敬之さん、JUJUさん、森山直太朗さんと超豪華。

これらのゲストが、例として取り上げられる曲の注目部分を、こうするとどう聞こえるか、イマイチなパターンと良いパターンを実演で歌ってくれるのがすごいです。

そして、プロなので当たり前なのですが、いろんなバリエーションを簡単に演奏したり、歌ってしまうのはやっぱりすごいです。
「歌うまいなぁ」を実感できます。

ゲスト講師一覧 – 亀田音楽専門学校 – NHK

今すぐ録画予約を (再放送も) !

すでに第6回まで終わっていますが、各回のテーマは独立しているので、途中からでも十分楽しめると思います。

また、再放送もあるので、見逃した人は要チェックです。  
今後は、NHKオンデマンドでも見られるようになるのかな。

進行は、いわゆる○○白熱教室シリーズのように生徒を巻き込んでいく形式ではありませんが、こんなに分かりやすくて楽しい授業ならみんな音楽が好きになるんじゃないかな。

One more thing

亀田音楽専門学校はJ-POPの学校ですが、クラシックについてはこちらが面白い (日本語字幕あり)。

「もう会えない大事な人のことを想ってほしいんです。」
「大好きだった祖母 恋人 誰か 心の底から愛する人 ただしもういない人」
「その人のことを思いながらシからミへの線をたどればショパンの言いたかったことがわかる」

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*