今年参加した24のライブを勝手にランキング

2013/12/23

今年の目標の1つとして「さまざまなライブに参加してみる」というのがありました。

特に数の目標は定めていませんでしたが、結果として、音楽、お笑い合わせて24のライブに参加しました。

月2回のペースですね。
我ながら良くがんばったと思います、って遊んでるだけですが。

この経験をふまえ、勝手にランキングを発表します。

実力で勝負しまくり No.1

アーティストだから実力で勝負するのは当たり前なのですが、より「攻めてるなぁ〜」と感じるのはJUJUさんと山崎まさよしさんですね。

変幻自在の歌姫 JUJU

JUJUさんは、ホール&アリーナツアー、JAZZツアー、そしてCLASSICツアーと、さまざまなアレンジをさらっとこなしていますが、これって凄い。
カラオケ歌手や口パク歌手には無理な芸当です。

全部出しちゃう 山崎まさよし

山崎まさよしさんは、ライブを録音したCD “Live in Package” を販売しています。
ツアーのライブCDとして1枚をリリースするのではなく、各会場ごとに録音されたCDがリリースされます。
そのCDは、各会場に足を運んだお客さんだけが注文できるCDです。

当然、ミスもすべて録音されます。
自信がないとできないと思います。

また、ニコニコ生放送や “Boogie Night” では、お酒を飲みながら歌うというライブもありました。
仲間内で飲みながら歌っている雰囲気をそのままお客さんにも見せてしまうという潔さ。

マイワールド全開 No.1

「マイワールドを貫いているなぁ」と感じたのは、森山直太朗さんと柴咲コウさんです。

シュール直太朗

開演前の注意事項のアナウンスを自分でやったのは、この中でも森山直太朗さんだけ。

「個人的には録音いいんじゃないかな、個人で楽しんでね」発言があったり、MCでグッズを営業してみたりと、直太朗ワールド全開のライブでした。

幅広い世界をミックスする柴咲コウ

ツアー名からして “neko’s live 猫幸 音楽会”。
好きな猫をメインテーマに持ってきて、セットも衣装も猫にちなんだものでした。

さらに、ドラマガリレオから、KOH+の曲をアンコールに持ってくるなど、女優活動と歌手をミックスしたライブでした。

しかし、もっとも別世界だったのは、Juno Reactorとの2MANライブ。
彼女が18歳のときから聴いていた憧れのアーティストとの2MANライブです。

全身タイツの蝶が舞っていたり、懐中電灯で客を照らしたり、あまりにぶっ飛んだ世界で、途中で帰る柴咲コウファンも多々見受けられるほど。
あの爆風のような音圧は、初めての体験でした。

2013 落語家 No.1

落語は、立川志の輔さんと笑福亭鶴瓶さんのツートップで安定。
他の落語家さんも観てみましたが、この2人が飛び抜けすぎてます。
しばらくこの状態が続きそうです。

立川志の輔さんなら「中村仲蔵」「柳田格之進」、鶴瓶さんなら「青木先生」、落語ではありませんが「鶴瓶噺」は必見です。

2014年は…

今年の経験をふまえ、厳選しつつ、もっと幅を広げたいなと思います。

歌うまい系

今年観たかったけど観れなかったアーティストのライブは、引き続き狙って、チケットゲットして、参加したいです。

SuperflyやMISIAさんといった歌うまい系歌手の生歌を聴いてみたいです。

クラシックコンサート

以下のライブは、音楽用ホールで開催されました。

東京国際フォーラムや、武道館、代々木体育館などの大箱は大人数で盛り上がれますが、音はやっぱり音楽用ホールのほうが格段に良いです。
素人でもはっきりと違いが分かりました。

そして、これらの音楽用ホールで演奏されるオーケストラであったり、ストリングスであったり、アンプラグドなギター+歌であったりは、もっとも感動し、印象に残るものとなりました。

というわけで、生音が楽しめるクラシックコンサートに行ってみたくなりました。

伝統芸能

歌舞伎は、市川團十郎さんのを観たけど、何が凄いのか、何がおもしろいのかさっぱり分からなかったので、しばらく放置していたら中村勘三郎さんが亡くなってしまった。
勘三郎さんは観たかったな。

歌舞伎、もう1回行ってみる?

能はまだちょっと敷居が高いかな。

演劇

演劇も見てみたい。
蜷川幸雄さんとか、かな。
78歳なので早めに。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*