PHaT PHOTO 写真教室 第7回

2014/01/08

テラウチマサト氏が講師を務めるPHaT PHOTO 写真教室 ビギナーズクラスの第7回が開催されました。

今回は「光と色の効果(ホワイトバランス)」の講義から。

今回は、特に対話的な講義でした。
ホワイトバランスについて、質問を交えながらの説明、説明を交えながらの質問、といった感じで進められました。

ホワイトバランスに加えて露出補正で調整する技、ポートレートでホワイトバランスを調整する場合の注意点などを教わりました。

宿題の講評は、1人30秒で、順番に、自分の撮った写真を見せながら、撮影の意図をプレゼンする形式でした。
テーマは、「冬 (自ら企画の2段重ね、3段重ねができるか?)」です。
自分の作品以外は、ビギナークラスとは思えない出来ですが、先生の目から見るとまだまだ改善の余地があり、勉強になります。

毎回凄いと思うのは、宿題の講評のスタイルが異なること。
今回で7回目ですが、すべての講義でスタイルが異なります。
一体、何パターンあるのでしょうか?
この方の、現状に満足しない、変化し続ける姿勢は、よい刺激になります。

授業年会も、大盛り上がりでした。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*