さくらのBASE Storage βサービスを試してみたよ

2014/02/05

さくらインターネットが「さくらのBASE Storage」のβサービスを開始しました。

容量無制限、1ファイル容量上限は4TBと、かなり強力なサービスです。

Amazon S3と互換性のあるインターフェースのため、Amazon S3用に作られた各種ツールがそのまま利用できます。

というわけで、早速Macで試してみました。

 さくらのBASE Storage利用準備

1. アカウント開設

さくらのBASE Storageのページからアカウントを開設できます。

現在、さくらインターネットを利用している場合は、そのまま「BASE Storageコントロールパネル」へ。
[MEMBER ID]には、さくらインターネットの会員IDを、[PASSWORD]にはパスワード入力してログインします。

Screen_Shot_2014-02-04_1

[CREATE AN ACCOUNT]で「さくらのBASE Storage」のアカウントを作成します。

Screen_Shot_2014-02-04_2

Screen_Shot_2014-02-04_3

2. NAMESPACEを作成

さくらのBASE Storage」のアカウントを作成すると、次はNAMESPACEを作成します。

[NAME OF NAMESPACE]に好きな名前を入力し、[CREATE]をクリックします。

Screen_Shot_2014-02-04_4

すると、読み書き用と、read onlyの2つのACCESS TOKENが発行されます。

Screen_Shot_2014-02-04_5

ファイルをアップロード

登録が終わったので、早速ファイルをアップロードしてみましょう。

接続設定

s3fsなどAmazon S3に対応したツールを使えばファイルシステムとしてマウントできます。

本格運用ではそれもよいのですが、今回はお試しということで、たまたま持っていたCyberduckを使いました。

Cyberduck App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥2,400

[Open Connection]を開き、”S3 (Amazon Simple Storage Service)”を選択します。

  • Server: b.storage.sakura.ad.jp
  • Username: “NAME OF NAMESPACE”の文字列
  • Password: “ACCESS TOKEN”の文字列
  • Anonymous Login: チェックなし

のように入力すると接続できます。

Screen_Shot_2014-02-04_6

アップロード速度

1ファイルでは、3.8MB/s (30.4Mbps)出ました。

3ファイル並列では、3.5 + 3.2 + 2.3MB/s = 9Mbps (72Mbps)出ました。
Dropboxが1.5MB/s (12Mbps)なので、6倍のアップロード速度です。

Screen_Shot_2014-02-04_8

すばらしい性能ですね。

Bitcasaのようにアップロードに失敗するようなこともなく、安定感があります。

正式料金は?

2014/3/31までのβサービス期間は無料で利用できます。
その後の、正式サービス移行時の価格は未決定のようです。

高パフォーマンスなので、それなりのお値段になるのではないでしょうか。
払える値段なら、1番手として使いたい性能なのですが。。
でも、お高いんでしょう?

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*