Macでフリーソフトを使ってradikoを録音する方法

2014/03/02

Macで、フリーソフトのみを使ってRadikoを録音する方法を調べてみました。

VMwareでWindowsを起動してRadikaを使えばよいのですが、VMwareを起動するのが面倒だし、なぜか予約録画の頭10分くらいが録音されないので、Mac上での予約録画に移行します。

準備

Step1. Xcodeをインストール

AppStoreからXcodeをインストールします。

Xcode App
カテゴリ: 開発ツール
価格: 無料

インストール後、ライセンスに同意する必要があるので、Xcodeを1度起動します。

さらに、ターミナルで、

$ xcode-select --install

とします。

Step2. もろもろコマンドをインストール

Radikoの録音は、rtmpdumpでダウンロードして、ffmpegでAACに変換します。
そのために必要なソフトウェアをインストールします。

ありがたいことに録音のコマンド操作をまとめた「簡易Radiko録音スクリプト」が公開されており、ここではその派生の「rec_radiko.sh」をダウンロードします。

下記をターミナルにコピペすれば、一括で環境が整います。
(各コマンドは、/usr/local/binに、録音スクリプトは~/binに置かれます。)

# homebrew をインストール
if ! which brew >/dev/null; then ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"; fi

# rtmpdump をインストール
if ! which rtmpdump >/dev/null; then brew install rtmpdump; fi

# ffmpeg をインストール
if ! which ffmpeg >/dev/null; then brew install ffmpeg; fi

# swftools をインストール
if ! which swftools >/dev/null; then brew install swftools; fi

# wget をインストール
if ! which wget >/dev/null; then brew install wget; fi

# radiko録音スクリプトをbinディレクトリにダウンロード
SCRIPT_DIR=~/bin; if [ -e "${SCRIPT_DIR}" ] && [ ! -d "${SCRIPT_DIR}"  ]; then SCRIPT_DIR=~/; else mkdir "${SCRIPT_DIR}"; fi
wget -O /tmp/5338063.tar.gz https://gist.github.com/kurumigi/5338063/download
pushd /tmp; tar zxfp 5338063.tar.gz; cp gist5338063-*/rec_radiko.sh "${SCRIPT_DIR}"; popd; chmod +x "${SCRIPT_DIR}"/rec_radiko.sh

Step3. 録音する

ターミナルで下記のコマンドを打つと録音できます。

$ ~/bin/rec_radiko.sh <チャンネル名> <録音時間(分)> <保存ディレクトリ> <ファイル名prefix>

チャンネルは、「radikomemo」に一覧がまとめられています。

例えば、J-WAVEの放送を60分録音する場合は、下記にようにします。

$ ~/bin/rec_radiko.sh FMJ 60 ~/radiko radipedia

すると、~/radiko/radipedia_<日付>-<時刻>.m4aというファイルができあがります。

Step4. 予約録音する

cronで予約録音することができます。

例えば、J-WAVE 毎週月曜日13:00-13:10の「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」を予約する場合は、

$ crontab -e

で、

0 13 * * 1 PATH=$PATH:/usr/local/bin; ~/bin/rec_radiko.sh FMJ 10 ~/radiko KAMEDA

とします。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*