スピードラーニングの効果的な広告を考えた

2014/03/19

最近、テレビでよく「スピードラーニング」のCMを見ます。
スピードラーニング」は、聞き流すだけで英会話ができるようになる、という謳い文句の英語教材です。

テレビCMでは、体験者がその効果をしゃべり、最後にお試し無料CDプレゼント!、という流れの内容なのですが、そんな内容よりもこうすればいいんじゃね、という改善案を思いつきました。

効果を体感してもらう

スピードラーニング」などの教材は、どんなにいいものでも使ってみないとその効果がわからないため、まず手を出してもらうことにハードルがあります。

その対策として無料CDを提供していると思うのですが、そもそも申し込む手間があったり、個人情報を渡す必要があったりと、それでもハードルは高いです。

スーパーの試食並みに、体験のハードルを下げるにはどうすればよいでしょうか?

商品の強みを生かす

幸い、「スピードラーニング」は、聞くだけで効果があるらしいです。

そこで、テレビCMで体験者の感想など流さずに、教材の内容そのものをひたすら流せばよいのです。

テレビの視聴者は、自然と「スピードラーニング」教材を聞き流すことになります。

ふと、英語ができるようになっていることに気づく

そして、「スピードラーニング」は、聞き流すだけで効果があるらしいので、視聴者はいつの間にか英会話ができるようになってきます。

自分では英語を勉強していないのに、なぜ英語ができるようになっているのだろう?
誰でも考えると思います。

そして気付きます。
テレビCMで「スピードラーニング」を聞き流していたことに。

そうすれば、効果を実感できている視聴者は、納得して「スピードラーニング」を契約するはずです。

そう、本当に聞き流すだけで英語ができるようになるならね。

そんなプロゴルファーの石川遼選手も愛用のスピードラーニングはこちらから

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*