Misia 星空のライブⅦ -15th Celebration ファイナル 感想

2014/04/02

「Misia 星空のライブⅦ -15th Celebration ファイナル」に行ってきました、と言いたいところですが、YouTubeでの視聴でした。
しかし、今回は、YouTube配信が神配信でした。

Screen Shot 2014-04-02 at 8.06.50 PM

今回のYouTube配信は、メジャーアーティストのツアー「ファイナル」を、「生放送」で、ノーカット「MCもまるまる」「アンコールもまるまる」、本日発売のアルバムに含まれる新曲もたっぷり、「HD品質で」、「無料」配信でした。

普通は、後日配信であったり、編集されていたり、画質が落とされていたり、WOWOWやM-ON TVに加入しないと観られなかったりしますが、今回は、そんな制約は一切なし。

武道館公演に行ったこともあるためか、YouTubeでもライブ感たっぷりに楽しめました。

このマイクの距離で、どれだけの声量か、想像が付くでしょう。

Screen Shot 2014-04-02 at 11.32.39 PM

セットリスト

  1. 僕はペガサス 君はポラリス
  2. つつみ込むように… (15th ver.)
    MC1
  3. 魔法をかけたのは君
  4. 蒼い月影
    MC2
  5. Miss you always
  6. Daisey
    MC3
  7. Jewelry
  8. 忘れない日々 (コーラス ver.)
  9. 逢いたくていま
  10. MAWARE MAWARE (feat. Doudou N’Diaye Rose)
  11. HOLIDAY
  12. HOPE & DREAMS

アンコールは、

  1. 幸せをフォーエバー
    MC4
  2. One day, One life
  3. 星の降る丘
    MC5
  4. 明日へ
    カーテンコール

YouTubeならではの楽しみ方

もちろん会場で参加する方がライブ感は高いと思うのですが、YouTube配信のおかげで、別の楽しみ方で楽しむこともできます。

たとえば、お酒を飲みながら楽しだり、おしゃべりしたり。
あるいは、Twitterでみんなの反応を楽しんだり。

Twitterのリアルタイムチェックは、検索ストリーミング対応のFalconで楽しみました。

Falcon – 検索ストリーミングに特化したTwitterクライアント App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, エンターテインメント
価格: 無料

今後のミュージックビジネスはこうなるのか!

山崎まさよしさんがニコニコ動画でライブを行ったり、JUJUさんがLive Viewingを行ったり、森山直太朗さんが録音OKと言ってみたり、かつてのCCCDでコピーを制限するのとは逆の方向に、実力あるアーティストは、その作品やライブパフォーマンスを、できるだけ安価に手軽に拡散・シェアする方向に向かっているようです。

今回のMISIAさんのYouTube配信を見た人で、本日発売のアルバムを買わずにいられない人はどれだけいることでしょう。

アルバムを購入したのは言わずもがな、運良く巻き戻し視聴できたので、3回も観てしましました。
2h × 3回で6時間です。

もちろん、次のライブへも行きたいと思いました。

CDの売り上げが落ちている時代、ライブこそが一期一会の付加価値のあるコンテンツとして、より注目を浴びていくのだろうと思いました。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*