リッツカールトン京都に泊まったので感想を

2014/04/03

2014年2月7日オープンしたばかりのリッツカールトン京都に泊まってきました。

めちゃ高いですが、「新しい経験にお金を使う」が今年のテーマということで、楽しんできました。

これから泊まる人の参考になれば良いなと思います。

エントランスに漂う香り

まず訪れてすぐに気付くのが、エントランスを入ったときの素敵な香り。

リッツカールトン京都限定のオリジナルフレグランスです。
このフレグランスは、販売していないので、リッツカールトン京都でも、もちろんその他の一般のお店でも入手することはできません。

泊まらなくても、ロビーラウンジを利用すれば、この香りは堪能することができるので、是非行ってみて欲しいです。

厚いおもてなし

レセプションから1人のスタッフが付いて、部屋まで案内や、部屋の設備の説明、ウエルカムドリンク(緑茶)を入れていただく、などをすべて行っていただく流れです。

とても感じの良い、心地よい接客でした。

翌朝、チェックアウトでロビーに向かう際に掃除のスタッフとすれ違いましたが、その挨拶もとても丁寧でびっくりしました。
丁寧な挨拶くらいはほかのホテルでもできるので、やればいいのに、と思いました。

モダン和風テイストのおしゃれな内装

内装の写真ギャラリーをお楽しみください。

部屋に入ってすぐの眺め。

R0006699-1

コーヒーメーカー、紅茶メーカーが設置されています。

R0006704-1

コーヒーカプセル、紅茶カプセルは無料です。

R0006710-1

部屋のバーのプライスリスト。

R0006712-1

リビング & ベッド。
テレビは東芝REGZAの47インチです。

R0006722-1

R0006727-1

R0006731-1

ENGAWA。

R0006736-1

ベッドサイドのスイッチ。ENGAWAのカーテン、すだれは電動で開閉します。

R0006750-1

部屋からドア方向を振り返ると、洗面台、お風呂、トイレ、そして、クローゼット。

R0006751-1

洗面台。

R0006754-1

洗面台のアメニティ。洗面台の鏡にテレビが内蔵されているので、リモコンがあります。

R0006758-1

R0006761-1

お風呂。

R0006763-1

毛布のような厚さのバスタオル。
すのこは檜で香りが立ちます。

R0006764-1

R0006767-1

お風呂の壁はエンボスの飾りです。

R0006770-1

シャワーは、普通のシャワーと天井から降るやつ。

R0006773-1

Aspreyのアメニティ。

R0006776-1

トイレ。

R0006778-1

R0006780-1

クローゼット。

R0006782-1

R0006785-1

R0006789-1

靴磨きと、ソーイングキット。

R0006792-1

クリーニングのオーダーシート。

R0006797-1

無料の靴磨きサービス。

R0006802-1

ベッドサイドの、リッツカールトンロゴ入りのミネラルウォーター。

R0006810-1

まとめ

噂に違わず、上質でラグジュアリーな空間でした。
また行ってみたいと思いました。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

Trackbacks and Pingbacks:

  1. こんなリッツカールトンはいやだ | absorbed in... - 2014/04/05

    […] 実際に泊まってみて、噂に違わず素晴らしいリッツカールトン京都でした。 でも、100点満点とは行きません。 ちょっとこれは、と思う点もありました。 […]

コメントを残す

*

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>