PHaT PHOTO 写真教室 第10回

2014/04/09

テラウチマサト氏が講師を務めるPHaT PHOTO 写真教室 ビギナーズクラスの第10回が開催されました。

今回は「ストロボ&補助光の使い方」の講義から。

ストロボは暗いところで活躍するだけではない。

ストロボをうまく使うことで、ストロボの当たる部分と当たらない部分、2つのレイヤーを作ることができる。
そして、ストロボが当たる部分の写り方はストロボの発光量でコントロール、当たらない部分はシャッタースピードでコントロールできる。
(ここは授業の内容から勝手にそう理解しました。)

他にも計4つくらい、ストロボの使い方例を教えていただきました。

宿題の講評は、1人1枚をホワイトボードに貼って、1枚ずつ、あるいは似ている作品は併せて、撮影した本人が撮影意図を説明したり、当てられた人が感想を述べたり。

雰囲気のある写真とはどういったものか、写真の時流(流行)、未知化などキーワードが印象に残りました。

事務局からは、2年目のミディアムクラスに進むか、6/1までに決めるよう、案内がありました。
6/1入力締め、6/11の最終授業でミディアムクラス催行のお知らせ (最少催行人数に達しなかった場合は他クラスに案内) という流れのようです。

授業後は、テラウチ先生のサプライズバースデー祝いを行いました。

発案、企画、寄せ書きデザイン、寄せ書きを入れるパッケージセレクト、ケーキセレクト、花束セレクトなど、クラスメイト各自のポテンシャルが半端なく、素敵なサプライズになりました。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*