Macでフリーソフトを使ってradikoを録音し、タグ付けやiTunes登録も全部自動でやっちゃおう

2014/04/15

Macでフリーソフトを使ってradikoを録音する方法」の続きです。

ここでは、Radikoを録音した後に、タグ情報を追加し、iTunesに自動で登録します。

Step1. 準備

Macでフリーソフトを使ってradikoを録音する方法」では、AACで保存したので、mp4v2を使ってタグを編集します。
まずは、下記のコマンドでmp4v2をインストールします。

$ brew install mp4v2

Step2. 録音ファイルにタグを追加

Macでフリーソフトを使ってradikoを録音する方法」で録音した radipedia_20140327-0000.m4a にタグを追加してみます。

  • 曲名 (-s)
  • アーティスト名 (-s)
  • アルバム名 (-A)
  • 年 (-y)
  • ジャンル (-g)

あたりを設定してみましょう。
曲名に放送日を入れるために、ファイル名から年月日を抽出して設定します。

$ org=radipedia_20140327-0000.m4a; f=${org%%-*}; ymd="${f##radipedia_}"; md="${ymd##[0-9][0-9][0-9][0-9]}"; m="${md%%[0-9][0-9]}"; d="${md##[0-9][0-9]}"; y="${ymd%%[0-9][0-9][0-9][0-9]}"; /usr/local/bin/mp4tags -A 'RADIPEDIA' -a 'JUJU' -s "RADIPEDIA $y/$m/$d" -y $y -g "ラジオ" "${org}"

とすると、このように設定されます。

$ /usr/local/bin/mp4info radipedia_20140327-0000.m4a
/usr/local/bin/mp4info version 1.9.1
radipedia_20140327-0000.m4a:
Track   Type    Info
1       audio   MPEG-4 AAC LC, 7200.042 secs, 47 kbps, 48000 Hz
 Name: RADIPEDIA 2014-03-27
 Artist: JUJU
 Encoded with: Lavf53.24.0
 Release Date: 2014
 Album: RADIPEDIA
 Genre: ラジオ

ここまでは、上手く動くかを確かめる実験です。

Step3. タグ追加を自動化

Step2のタグ追加を自動化してみましょう。

操作をスクリプトにまとめます。
ファイル名はadd_tags.shとします。

#!/bin/bash

FILE_PREFIX="$1"

ALBUM="$2"
ARTIST="$3"
SONG="$4"
GENRE="$5"

for f in ${FILE_PREFIX}*.m4a; do
    t="${f%%-*}"
    ymd="${t##$FILE_PREFIX}"
    md="${ymd##[0-9][0-9][0-9][0-9]}"
    m="${md%%[0-9][0-9]}"
    d="${md##[0-9][0-9]}"
    y="${ymd%%[0-9][0-9][0-9][0-9]}"

    /usr/local/bin/mp4tags -A "${ALBUM}" -a "${ARTIST}" -s "${SONG} $y-$m-$d" -y "${y}" -g "${GENRE}" "${f}"
done

このスクリプトは、実行したディレクトリ内で <file prefix>にマッチするファイルすべてにタグ付けします。

$ ~/bin/add_radiko.sh <file prefix> <アルバム名> <アーティスト> <曲名> <ジャンル> 

と指定します。

次に、スクリプトを自動実行するようにcronに登録します。

Macでフリーソフトを使ってradikoを録音する方法」で例に挙げた J-WAVE 毎週月曜日13:00-13:10の「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」に自動でタグを付ける場合は、

$ crontab -e

で、

20 13 * * 1 PATH=$PATH:/usr/local/bin; cd ~/radiko; ~/bin/add_tags.sh 'KAMEDA_' 'BEHIND THE MELODY' '亀田誠治' 'BEHIND THE MELODY' 'ラジオ'

として、録音終了の10分後である13:20にタグ編集を行います。

Step4. iTunesへの登録

「iTunes Music」または「iTunes Media」フォルダの下に「iTunes に自動的に追加」ディレクトリがあります。
そこにファイルをコピーすると、iTunesに自動的に追加されます。

Step3のスクリプトを、タグを追加した後に「iTunes に自動的に追加」ディレクトリにコピーするように変更します。
こちらが完成形です。

#!/bin/bash

FILE_PREFIX="$1"

ALBUM="$2"
ARTIST="$3"
SONG="$4"
GENRE="$5"

LIBRARY_DIR='~/ミュージック/iTunes/iTunes Media/iTunes に自動的に追加/'

for f in ${FILE_PREFIX}*.m4a; do
    t="${f%%-*}"
    ymd="${t##$FILE_PREFIX}"
    md="${ymd##[0-9][0-9][0-9][0-9]}"
    m="${md%%[0-9][0-9]}"
    d="${md##[0-9][0-9]}"
    y="${ymd%%[0-9][0-9][0-9][0-9]}"

    /usr/local/bin/mp4tags -A "${ALBUM}" -a "${ARTIST}" -s "${SONG} $y-$m-$d" -y "${y}" -g "${GENRE}" "${f}" && \
    mv "${f}" "${LIBRARY_DIR}"
done

LIBRARY_DIRを「iTunes に自動的に追加」ディレクトリではなく、Dropboxなどのディレクトリにすると、クラウドストレージに同期することもできます。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*