過去の自分に打ち勝つための最強Google Analyticsアプリ Quicklytics

2014/04/18

みなさんのライバルは誰ですか?

その分野のスーパーな人でしょうか? 身近な人でしょうか?

スーパーな人を目標にするのもいいでしょう。
身近な人と切磋琢磨するのもいいでしょう。

でも、スーパーな人は、自分とは差がありすぎて、目標として機能しなかったりします。
身近な人と競い合うと、変な嫉妬心がでたりしませんか?

そんな罠にはまらないために、最大のライバルとして「過去の自分」を設定しましょう。

「過去の自分」に勝つことこそが、成長の証です。
成長を望むなら、「過去の自分」に健全な負けず嫌いを発揮しましょう。

さて、ブログの話。
ブログを続けていく上で「過去の自分」に打ち勝って成長していくのに便利なツールがあるので、紹介します。

以前から愛用していたGoogle AnalyticsアプリAnalytics Tilesが、ある日、動かなくなってしまいました (現在は修正されています)。

そこで、代替アプリを探しましたが、なかなかいいものがない。
基本的な機能さえ満足に使えるものが、なかなか見つかりませんでした。

基本的な機能をまともに使えるアプリを探したり試し続けて、ようやく見つけたのがQuicklytics

Quicklyticsは、安定した基本機能とともに、「過去の自分」に打ち勝つ機能を備えたGoogle Analyticsアプリです。

過去のデータと比較できる

Quicklyticsでは、今日の統計情報と、過去の統計情報を比較できます。
しかもグラフ付きで。
青が今日のデータ、緑が過去のデータです。

IMG_6165

比較対象の過去のデータは、前日、週、月、年が選べ、短期的な成長を見るのか、長期的な成長を見るのかをカスタマイズできます。

IMG_6167

レースゲームで、自分のベストラップの走りが半透明で表示される機能がありますが、まさにそれを実現してくれるのがこの機能です。

この過去との比較機能が、Quicklyticsの最大の利点ですが、他にも優れた機能を持っています。

リアルタイムデータ対応

右上の時計アイコンをタップすると、Google Analyticsのリアルタイムデータを見ることができます。
リアルタイムデータまで見ることができるGoogle Analyticsアプリは、めずらしいです。

IMG_6165_2

IMG_6166

安定した足腰

基本的な機能がマイ基準点を超えています。
優れたアスリートが足腰が安定しているように、安心感があります。

高速更新

まず、起動したときのデータ更新が早いです。
起動してグルグル状態が続くアプリは使うに耐えません。

さまざまなデータを見られる

Quicklyticsの画面は、重要なデータにフォーカスするために、表示項目が絞られていますが、グラフ部分をタップすることで、詳細な統計情報を見ることができます。

IMG_6165_1

ここで表示するリストは、自由にカスタマイズすることができます。

IMG_6171

複数サイト対応

さらに、複数サイトにも対応しています。
画面下の、丸でサイトを切り替えられます。

IMG_6169

表示期間も自由自在

カスタムでは、期間を指定してのデータも見ることができます。

IMG_6170

唯一の欠点

と、非常に高レベルでまとまっているQuicklyticsですが、欠点もないわけではありません。
それは、ページタイトルや検索キーワードのデータを表示するとき、タイトルやキーワードのアルファベット順でソートされ、Pageviewでソートできないことです。

IMG_6168

どのエントリーが注目されているか、知るにはPageviewでソートしたいですよね。

この機能は、フィードバックフォーラムでリクエストされていて、”PLANNED”となっているので、将来のバージョンで搭載される可能性があります。

それまでは、PageviewでソートされるAnalytics Tilesを使って、相互補完するのがオススメです。

「過去の自分」を乗り越えて、成長を続けよう

Quicklyticsで、過去と今を比較することで、成長を実感しましょう。
青いグラフが緑のグラフより上に表示されるように、日々精進です。

最後に、柴咲コウさんの素敵な言葉を紹介して終わりにします。

負けず嫌いの矛先が、他人ではなく自分の心であるのなら、未来は明るいなぁ

引用元:柴咲コウ | Ko Shibasaki Official Web site

** Quicklytics – Google Analytics App **App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: ¥800

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*