梅雨の外出はぜひもの

2014/06/10

梅雨ですね。

休みの日に外出を予定していても、いざ当日雨が降っていると、人との約束でない限り、予定をキャンセルして、家でゆっくり過ごすか、と思ったり。

これは、みなさんも同じようです。

雨の日の外出頻度について聞いたところ、「必要がなければ最低限外出しない」が40.8%でトップ。2位は「外出する頻度が減る」39.6%、3位「いつもと変わらずに外出する」18.8%という結果となった。

引用元:雨の日は「家でダラダラ」「自宅でDVD・ネット」 – 梅雨に関する意識調査 | マイナビニュース

がしかし、雨で外に出る気がなくなっても、出るほうがよいのです。

思考は移動距離に比例する

「思考は移動距離に比例する」とか「アイデアは移動距離に比例する」とか「情報量は移動距離に比例する」とか、もはやどれがオリジナルか分かりませんが、移動距離と、それに比例して良くなるものがある、という話はよく聞きます。

毎分毎秒、自分が居る地点に点が打たれていると想像してみましょう。
その点は、日本地図、世界地図のいろんな地点に広がっているでしょうか?
それとも、進まないミシンのように、自分の家 1地点にひたすら点を打ち込んでいるでしょうか?

「点の広がり = 思考の広がり」であることを常に意識しておきたいです。

動くとやる気が出る

雨で外に出たくないと思っていても、実際に、出てみると思っていたほど嫌でなかったりします。
やり始めると、側坐核が興奮し、やる気が出てくるらしいです。

まずは、一歩出てみる、あるいは、外に出る準備を始めてみませんか?

体験が大事

動くことで分かること、得られることがあります。
どんなに頭で考えたり、想像したり、シミュレーションしてみても、実体験にはかないません。

自分の想像を超える出来事が起こったり、刺激を受けるからです。

その自分の想像の枠を広げるためにも、外に出るべきです。
自分の家は、完全に自分の枠の中なのですから。

器に入っている水は、見ているだけでは『冷たい』のか『暖かい』のかはわからない。〜略〜 考えることより動くことが大事なのです。

引用元:心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」

まとめ

というわけで、梅雨でも引きこもらないようにしたいな、と思った次第です。
多くの人が家でダラダラしている間に、思考と実体験の広がりを稼いでおくわけです。

ちなみに、この考え方は、「夏、暑くて外に出たくない」時や、「冬、寒くて外に出たくない」時にも再利用可能です。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*