Android端末がステルス設定のWi-Fiアクセスポイントに接続できないときに確認すること

2013/04/16

ずばり、確認することは、
「1度接続した後で、アクセスポイントの設定をステルスに変更していないか?」
です。

皆様のお時間を無駄にするわけにはいかないので、当てはまる場合のみ、お読み下さい。

スキャンの仕組み

ステルス設定のアクセスポイントは、自分の存在は知らせますが、その名前(SSID)を周囲に言いふらすことはしません。 SSIDを知っている端末からのスキャンに対してのみ、自分の正体を明かします。

  1. 端末がProbe request、つまり「誰かいますか?」を投げます
  2. Probe requestを受け取ったアクセスポイント達は、Probe response「います! 私は○○(SSID)です」「います! 私は××(SSID)です」と返事を投げます
    ただし、ステルス設定のアクセスポイントの場合は「います! 私は匿名希望です」となります
  3. 端末がステルス設定のアクセスポイントへの接続設定を持っている場合、SSID指定のProbe request「Aさんはいますか?」を投げます
  4. Probe requestを受け取ったSSIDがAであるアクセスポイントは、Probe response「います! Aです」と返事を投げます

Androidのステルス設定のアクセスポイントへの接続設定

Androidでは、一般的に、Wi-Fi設定に周囲のアクセスポイントが表示されるので、それを選んで接続設定を行います。

IMG_4581

対して、ステルス設定のアクセスポイントは、Wi-Fi設定のスキャンリストに表示されないので、「+」メニューの「ネットワークを追加」から作成します。

IMG_4579IMG_4580

落とし穴

「ネットワークを追加」からの登録はSSIDを手入力しなければなりません。
そこで、とりあえず、アクセスポイントのステルス設定を解除して、スキャンリストから選ぶ方法で接続設定し、その後アクセスポイントをステルス設定に変更すればいいや、と思うと、これが落とし穴になります。

スキャンリストから選ぶ方法で接続設定したアクセスポイントは、その後、ステルス設定に変更すると検出されることはありません。
なぜなら、「スキャンの仕組み」のステップ3(SSID指定のProbe request)が行われるのは、「ネットワークを追加」から作成した接続設定に対してのみだからです。

対策

対策1

まじめに、「ネットワークを追加」からSSIDを手入力して登録しましょう。
全角になっていないか、大文字小文字を間違えていないか、など注意しましょう。
SSIDは間違えても「圏外」と表示されるので、パスワードの間違いよりは打ち間違いを見つけやすいと思います。

対策2

WPSを使用しましょう。

IMG_4585

ただし、WPSは、端末やアクセスポイントによってはバグが多々あるため、別の問題でつながらず悩んでしまう可能性があります。
うまくいかないようであれば、粘らずあきらめて、別の方法を試しましょう。

対策3

アクセスポイントによっては、設定をQRコードで読めるものがあります。

QRsetup 1.0.0
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

AtermらくらくQRスタート for Android 2.0.8
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

QRコネクト 1.1.0
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

PCでQRコードを表示し、それを端末のカメラで読み取ることで、Wi-Fiの設定ができます。
ただし、Wi-Fi以外の経路でアプリをインストールする必要があります。

iPhoneやMacはどうなの?

iPhone5(iOS 6.1.3)では、ステルスOffで登録→ステルスOnすると接続できなくなりました。

Macbook Air(Snow Leopard 10.6.8)では、ステルスOffで登録→ステルスOnすると、アクセスポイント再起動後も接続が復帰しましたが、Macbook Air側のWi-FiをOff→Onすると、その後、接続できなくなりました。

Mac mini(Lion 10.7.5)では、ステルスOffで登録→ステルスOnすると、アクセスポイント再起動後も接続が復帰し、Mac mini側のWi-FiをOff→Onしても、接続は復帰しました。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

One response to Android端末がステルス設定のWi-Fiアクセスポイントに接続できないときに確認すること

  1. 通りすがり 2015/06/06 at 18:11

    iPhoneからAndroidに乗り換え丁度これにあたりました。
    直ぐに判明して助かりました。
    ありがとうございました。

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*