フットカバーを脱げなくする方法

2013/04/25

フットカバーというか、シューズインソックスというか、いわゆる見えない靴下は、石田純一さんばりのおしゃれ感と、蒸れない機能性を両立してくれる、夏に必須のアイテムです。

ですが、問題が1つあって脱げやすい。
靴を脱ぐときに一緒に脱げてしまうのはしょうがないとしても、歩いているときに靴の中で脱げていくのは困ります(特に階段や坂道を上っているときに脱げます)。

ここでは、フットカバーが脱げにくくなるコツを紹介します。

小さめを選ぶ

脱げにくいフットカバーの有名どころとしては、FALKE(ファルケ)やROBLU man(オロブル マン)があります。

しかし、これらは海外企画ということもあり、やや大きめのサイズ感となっています。
そのため、脱げにくいデザインであっても、足の小さな人にとってはそのメリットが生きません。

重要なのは、足にぴったりフィットするサイズ感です。

おすすめは、無印良品の足なり直角靴下 ハイゲージスニーカーインです。
タイトフィットするデザインで脱げにくいです。
ただし、色は黒・紺のみです。

かかとを保湿する

かかとがカッサカサだと、フットカバーとかかとの引っかかりが悪く、脱げやすくなってしまいます。
ユースキンAでかかとを保湿しましょう。

ユースキンAの保湿パワーを最大限に発揮させるためには、フットカバーをはく前に塗るのがポイントです。
保湿するのと同時に、滑り止めの役目を果たしてくれます。 ←ここ一番重要

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*