天上からの美意の按配

2013/04/27

天上からの美意の按配。
中国の故事だそうです。

TSURUBE BANASHI 2013のテーマでした。
故事辞典など探してみましたが、きちんとした記録が見つからないので、笑福亭鶴瓶さんがおっしゃっていたことを記憶のかぎり、思い出すとこんな感じです。

美意の按配

王様には信頼している家来がいた。
その家来の口癖が「美意の按配」。
王様はその家来を連れて狩りに出かけた。
虎を仕留めたと思って近寄ると、実はまだ生きていて、王様の小指が噛みちぎられてしまう。
「おまえが一緒にいながら」と家来を責めると、家来が言うには、「それでよい、美意の按配です」と。
王様は、「小指を失ったのにそれでよいとは」と怒って、死刑にはしなかったものの、その信頼していた家来を牢屋に閉じ込めた。

家来を牢屋に入れたので、王様は1人で狩りに出かけた。
狩りに熱中するあまり、森の奥に入りすぎ、部族に捕まってしまう。
神への生け贄として全身を洗われるが、小指が欠けていて生け贄にはふさわしくない、と言うことで解放される。
無事に生還した王様は、起こったことを家来に話し、おまえが正しかった、と謝った。
しかし、家来は王様を責めることもなく、「これも美意の按配」だと。
牢屋に入れられなければ、狩り付いて行き、自分が生け贄になっていただろう、と。

起こったことは変えられない

このエピソードが示すのは、「起こったことは変えられないのだから、それに対する自分の反応をうまく選択しましょう」ということだと思います。

「美意の按配」という言葉はあまり有名ではないかもしれませんが、似た考え方はよく言われています。

塞翁が馬
国境の近くにあった塞(とりで)の近くに住んでいた翁(老人)は、何よりも自分の馬をかわいがっていた。その馬は、周りからも評判が立つほどの駿馬だったが、ある日突然、蜂に刺された拍子に飛び出してしまう。一向に帰ってこない馬の様子に、周りからは翁に同情するほどだったが、翁は「これがきっかけで何かいいことが起こるかも知れない」とだけ言って、我慢強く待ち続けた。すると、どうだろうか。しばらくして、その馬が別の白い馬を連れ帰ってきたのだ。しかも、その白馬も負けず劣らずの優駿で、周りの者は口々に何と幸運なことかと囃し立てたが、翁は「これがきっかけで、別の悪いことが起こるかもしれない」と自分を戒め、決して喜ばなかった。

それから、かわいがっていた息子がその白馬から落ちて、片足を挫いてしまった。周りはまた同じように慰めの言葉を掛けたが、翁はまた同様に「いいことの前兆かも知れない」と告げる。それからしばらくして、隣国との戦争が勃発した。若い男は皆、戦争に借り出されて戦死した。しかし息子は怪我していたため、徴兵されず命拾いした。そして、戦争も終わり、翁は息子たちと一緒に末永く幸せに暮らしたという[11] 。

このことから、人間、良いこともあれば悪いこともあるというたとえとなり、だから、あまり不幸にくよくよするな、とか幸せに浮かれるなという教訓として生かされる言葉になり、人間万事塞翁が馬などと使われる。

引用元:故事 – Wikipedia

プラス思考
(ポジティブシンキングから転送)
プラス思考(プラスしこう)とは、物事を肯定的な方向に傾斜した考え方を行う傾向。ポジティブシンキング(Positive Thinking)、積極思考。しばしば楽天主義と混同されるが別物。

引用元:プラス思考 – Wikipedia

人間は刺激と反応の間に選択の自由を持っているということである。この選択の自由こそ、人間の人間たる四つの独特な性質<自覚・想像力・良心・自由意志>がある。

引用元:7つの習慣―成功には原則があった! p.84

で、たどり着くのが、あの有名なスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式でのスピーチです。
点と点を繋ぐ話、自分が起業したアップルをクビになる話など、まさに「美意の按配」です。

このような普遍的な考え方は、身につけておいてピンチのときに引っ張り出せるようにしておきたいです。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*