雨降り通知サービス&アプリ もっとも使えるのはどれか?

2013/05/25

6月の梅雨、夏の夕立・ゲリラ豪雨と、雨が気になる季節になってきました。

急な雨に濡れるのは嫌だし、ビニル傘を買うのももったいないしエコでない。
事前に準備しておきたいものです。

テレビニュースなどの天気予報は1日ごとの予報で、長年やっている割には、21世紀の技術を用いても、外れることが多々あります。

未来が予測できないのなら、重要なのは変化に対応すること。
ネットのサービスやiPhoneアプリを使うと、刻々と変わる天気に応じて、より正確な予報を知ることができます。

そこで、どのサービス、アプリが「使える」のか、調べてみました。

雨降り通知アプリ・サービス

今回のエントリーはこいつら。
iPhone5 (iOS 6.1.4)にインストールしました。

** あめふる **App
カテゴリ: 天気, ライフスタイル
価格: 無料

** LINE 天気 **App
カテゴリ: 天気, ライフスタイル
価格: 無料

** あめふるコール **App
カテゴリ: 天気
価格: 無料

** あめプッシュ **App
カテゴリ: 天気, ライフスタイル
価格: 無料

さらに、ネットのサービスとして、IFTTT

If Current condition changes to “Rain”, Send me an email. の設定にしてみました。

Screen shot 2013-05-25 at 14.43.31

雨降り通知結果

まず、あめプッシュは通知設定はできたものの、まったく通知がありませんでした。
アプリ内の天気予報画面を見ても、数日前から更新されていない。
というわけで、不戦敗です。

あめふるは、雨の日の朝だけ「雨に唄えば」の曲でお知らせする、という設計思想です。
なので、リアルタイムに天気を知る用途には不向きでした。

IMG_4835

LINE 天気の通知は3回、あめふるコールの通知は5回、IFTTTの通知は6回でした。

IMG_4839

IMG_4836

IFTTTの通知は、スクリーンショットなし。

  • 2013/5/21 1:33
  • 2013/5/20 14:17
  • 2013/5/20 10:33
  • 2013/5/19 21:47
  • 2013/5/19 19:32
  • 2013/5/16 17:40

詳しく見てみると、
5月16日夕方は、LINE 天気: 1回、あめふるコール: なし、IFTTT: 1回。
5月19日夕方は、LINE 天気: 1回、あめふるコール: なし、IFTTT: なし。
5月19日夜は、LINE 天気: なし、あめふるコール: 1回、IFTTT: 2回。
5月20日朝は、LINE 天気: 1回、あめふるコール: 1回、IFTTT: 1回。
5月20日昼は、LINE 天気: なし、あめふるコール: なし、IFTTT: 1回。
5月20日夜は、LINE 天気: なし、あめふるコール: 1回、IFTTT: なし。
5月21日夕方は、LINE 天気: なし、あめふるコール: 1回、IFTTT: なし。
5月23日昼は、LINE 天気: なし、あめふるコール: 1回、IFTTT: なし。

もっとも通知回数が多いIFTTTでも、すべてをカバーできていません。

通知時刻は、すべてが通知した5月20日朝を見てみると、あめふるコール : 10時5分、IFTTT : 10時33分、LINE 天気 : 10時38分、の順となりました。

通知回数、通知の早さから考えると、慎重に準備するなら、あめふるコール + IFTTTの併用が良さそうです。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

*

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>