安くて便利な宅配レンタルを使うのをやめた理由

2013/06/16

宅配レンタルとは、ウェブからレンタルするものを選択しオーダーしたら、DVDやCDを送ってくれて、見終わったらポストに返却するシステム。

安くて便利なのですが、一身上の都合で使うのをやめることにしました。

宅配レンタルのメリット

これまで、なぜ、宅配レンタルを使ってきたかというと、安くて便利だからです。

1. 検索できる

店舗型TSUTAYAだと、端末で目的のタイトルのある棚を検索できますが、その棚からディスクを探さなければなりません。
宅配レンタルでは、ウェブサイトで検索して、1クリックでカートに入れることができます。

2. 返す手間がラク

店舗型TSUTAYAでも、コンビニ返却や郵送返却ができる店舗もありますが、基本的にはその店舗に返却しなければなりません。
宅配レンタルでは、ポストに返却すればよいです。
封筒は、送られてきたものを使いますし、切手を貼ったり、宛先を書いたりは、サービス提供者側で全部やってくれているので、自分でやる必要はありません。

3. レンタル料金が安い

旧作だと1枚50円から、キャンペーンだと10円からレンタルでき、店舗型TSUTAYAよりかなり安いです。

宅配レンタルを使うのをやめることにした

そんな安くて便利な宅配レンタルですが、自分のポリシーと合わないことに気付き、使うことをやめることにしました。

その原因は、送料の計算方法にあります。
ゲオレンタルの場合、1~7枚で300円、8~16枚で500円です。
楽天レンタルでは、1~2枚で300円、3~5枚で500円、6~9枚で600円、10~20枚で1,000円です。

1度にたくさんレンタルする方が、送料込みでの1枚あたりのレンタル料金が安くなります。
そのため、安く済ませてやろうと、1度に10枚以上をオーダーします。
当然、すべてをレンタル期間内に見ることはできないので、保存しておいて、後から見たりします。

得を捨てて徳を積む」の精神に反する

数十円や数百円を得したいがために、レンタルする枚数を計算したり、レンタル枚数を増やすためにどのタイトルを借りようかと考えたりするのが、時間・労力の無駄です。
得を捨てて徳を積む」の精神に反しています。

シンプルじゃない

レンタル期間内に見れないものを、保存して、リストで管理して、ということを行っていることがシンプルではなく、ダサイです。

シンプルに見たいものを見たいときに見ればよい。

ストックしてしまうと、見たい気持ちが小さくなってしまい、ずっと見ないまま放置して、本で言う積読状態になってしまいます。

ネット配信を使っていきます

Ko Shibasaki Live Tour 2013 〜neko’s live 猫幸 音楽会〜」を見るためにひかりTVを導入してみましたが、意外と操作レスポンスがよくて驚きました。
何事も、試してみないといけませんね。

これからは少々価格が高くても、ネット配信を利用していこうと思います。
ネット配信は、見たいものを見たいときに見るのに適しています。

ひかりTVだけではなく、iTunes Store, Hulu, TSUTAYA TV, Gyao!, ソニー Video Unlimitedなどいろいろありますね。
それぞれで視聴可能な機器、コンテンツの充実度などを調べてみたいです。

ただし、音楽は非圧縮フォーマットがよいので、ネット配信ではなく店舗型TSUTAYAのCDレンタルを使うと思います。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*