コンフェデは時差がつらい – 今週のダイジェスト 2013/6/16-6/22

2013/06/25

今週読んだ本

英借文用にPCソフトのE-DICが紹介されていました。
紹介されたソフトはWindows向けですが、Mac/Windows両方で使いたいので、iPhoneアプリを購入してみました。
ちょうどキャンペーン期間で、半額になっていました。

** 書く+ 英語例文辞書E-DIC **App
カテゴリ: 教育, ビジネス
価格: ¥1,400

本で紹介されているとおり検索してみると、同じ結果となりました。
収録されている内容はWindows用もiPhone用も同じようです。
あとは使いこなせるかどうか、ですね。

Downcastを導入しました

iOS7 BetaアップデートとApple製Podcastアプリを同時にアップデートしてしまったため、どちらが原因かわかりませんが、Podcastを再生しても、再生されず固まる問題が発生しました。

そこで、Downcastを導入してみました。

** Downcast **App
カテゴリ: ニュース, エンターテインメント
価格: ¥170

再生速度の1.5倍速、2倍速機能も付いていて、使いやすいです。

JUJU BEST STORY HALL & ARENA TOUR 2013 @国立代々木競技場第一体育館

IMG_4977

JUJU BEST STORY HALL & ARENA TOUR 2013に行ってきました。

ベストアルバムBEST STORY~Life stories~, BEST STORY~Love stories~を引っ提げてのツアーですが、それに加え、JAZZアルバム第2作となるDELICIOUS~JUJU’s JAZZ 2nd Dish~が2013/6/26に発売されることもあり、JAZZパートを加えた内容でした。
JUJUの歌うJAZZは好きなので、うれしかった。

ステージ前にカーテンのような半透明のスクリーンを置き、そこに花や花火の映像を映す演出が斬新でした。
まるで現実世界にCGを組み合わせているように見えました。
この演出以外の照明もとてもキレイでした。
曲に合わせて暗転からの、会場いっぱいに星が出る照明なんかは、思わず「おお〜」と声が出てしまうほど。

「Love together」でのダンスや、「Wonderful Life」での合唱など、オーディエンスとの一体感も十分。

アンコールの「ありがとう」は、気持ちが伝わってきました。

ステージを何度も右端から左端まで往復しては手を振ったり、いちいちお辞儀が丁寧だったり、最後はマイクなしで「ありがとう!」の一言など、ファンへの愛とJUJUさんの人柄が感じられました。

上のほうの席だったのですが、こんな席でも大満足させるパフォーマンスは、素直にスゴイと思いました。

エステ ボデガス・アルト・アルマンゾーラ 2010

何かで、えらいコストパフォーマンスが高いワインとして紹介されていたので、購入してみました。
確かに口当たりは千円ほどのワイとは思えない感じがしましたが、口に含んでから飲み込むまでは、あっさりしているというか、味わい浅い感じがしました。
キャセイ・パシフィック航空のファーストクラスでも採用されたらしいのですが、そこまでよいとは思いませんでした。

ヤレ クズマーノ 2010

酸味が強く好みではなかった。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*