Google様の意向に沿ってRSSリーダーを乗り換えた

2013/07/23

2013/7/2にGoogle Readerが終了しました。

終了直前にとりあえず一番人気のFeedlyに乗り換えていたのですが、改めて、まじめに移行先を検討し、本移行することにしました。

Google Reader – Google」からリンクされている「Google Reader Alternatives and Similar Software – AlternativeTo.net」には、Google Readerの移行先候補となる代替RSSリーダーサービスが多数リストされています。

そもそも

さて、どのRSSリーダーが使いやすそうかな、WebとiPhoneで未読・既読は同期したいな、Reederアプリが対応しているサービスがいいな、などと考える前にそもそも論。

そもそもRSSリーダーって必要?
GoogleがRSSリーダーはいらない、って言っているのだから、いらないのでは?

人は変化を避けたがるものです。
Google Readerが終了ならば、Google Readerとなるべく使い心地が変わらないサービスを探そうとしてしまう。

しかし、流れが変わろうとしている時は、古いものはさっさと切り捨てて、早めに新しい方に移る方があとあと都合がよいです。
どうせ後からやることになるので、早めに移った方が経験もたまる。

そこで、RSSリーダー以外の移行先を考えてみました。

ストック型からストリーム型へ

RSSリーダーの問題は、未読がたまってしまうことです。
いや、これはRSSリーダーの問題と言うよりも、自分の問題なのですが。。

何百も未読記事がたまると、結局読まずに捨ててしまう。
そうなるとRSSを購読している意味がありません。

どうせ捨てるなら、ためずに即捨てる方がシンプルですっきりします。

そこで、

Twitterに移行することにした

個人ブログやニュースサイトの多くはTwitterでも同じ内容を発信していたり、ブログ更新のアナウンスを出していたりします。
タイムラインが流れていくので、積ん読がたまることもありません。

ニュースも何もかもTwitterに入れてしまうと、どんなスピードでタイムラインが流れるのか、想像が付きませんが、とりあえずやってみます。

とりあえずRSSを移行したFeedlyを開き、1つずつ処理します。
たまっていた記事を読んで、twitterアカウントをフォローします。
フォローしたRSSはFeedlyからは削除します。

もう読んでいないサイト、長期間更新がないものは移行せずに削除します。

twitterで発信していないブログは、twitterfeed.comにRSSを登録して、更新情報を自分の非公開twitterアカウントにツイートするよう設定しました。

あとは、iPhoneからReederアプリとFeedlyアプリを削除して、移行完了。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

No Comments

Be the first to start the conversation.

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*