JUJU JAZZ TOUR 2013 ~DELICIOUS 2nd Dish~ Live Viewing レポート

2013/08/15

JUJU JAZZ TOUR 2013 ~DELICIOUS 2nd Dish~ファイナル 1stの感想を、「初ブルーノート東京 率直な感想」
「JUJU JAZZ TOUR 2013 ~DELICIOUS 2nd Dish~ レポート」に書きました。

ここでは、ファイナル 2ndをLive Viewingで観た感想を紹介します。

1stをブルーノートのライブで観てしまったので、映画館でのLive Viewingの感想は厳し目になってしまいます。

残念な点

太く写る

「芸能人はテレビより実物のほうがよい」とよく言われますが、今回のLive Viewingもレンズを通しているので、スレンダーJUJUさんが実物より太く写ってしまって残念でした。
スクリーンだと、せっかくのふわっふわヘアーも伝わりにくいです。

ホワイトノイズが気になった

サーというホワイトノイズが気になりました (エアコンの音じゃないよね?)。
音響自体はよくて、「さすが英語うま!」「語尾の子音もちゃんと発音してるんだね」というのがわかったのですが、静かなときのサーがもう少し改善されるといいかな。

Live Viewingで盛り上がるのは難しい

会場の拍手を大きめの音量で流すなど、Live Viewingでも会場と一緒に盛り上がれるような工夫はあったと思いますが、それでもLive Viewingで盛り上がるのは難しいと感じました。

空気感を共有するのは難しいですね。

アンドレアス・グルスキーの写真のように、大画面かつ、高精細で、圧倒的な解像感が感じられると、空気感も伝わるかもしれません。
4kのさらに向こう、8k, 16kの世界に期待です。

よい点

座席がゆったり

ブルーノートは席が狭く、エコノミークラスといった感じ。
映画館は、プレミアムエコノミーくらいの余裕があります。

カメラワークが楽しめる

JUJUさんのアップ、バンドソロパートのアップ、違ったアングルから、引いた絵、客席全体、などカメラワークが楽しめます。

3回くらいミスがありましたが。。

時間を共有できる

ブルーノート東京はキャパが小さいので、チケットを撮りたくても取れない人はたくさんいたと思います。
また、地方在住で東京のライブに参加できない人もいるでしょう。

そういう点では、Live Viewingでリアルタイムに時間を共有できるのは素晴らしいですね。

ライブ前に、スクリーンに、JUJUさんの手書きのメッセージが表示されたり、MCでも映画館側のオーディエンスに話しかけてくれたりと、共有感を高める工夫がありました。

セットリスト

2ndセットリストは、

  1. It’s a JAZZ Thing!!
  2. We Are In Love
  3. Take Five
  4. My Foolish Heart
  5. Misty
  6. Give Him The Ooh-la-la
  7. Sway
  8. In A Sentimental Mood
  9. When You Wish Upon a Star
  10. Summertime
  11. It Don’t Mean A Thing
  12. (アンコール) You & Me
  13. (アンコール) Distance
  14. (アンコール) More Than You Know

1stと同じですが、アンコールで、You & Meが追加されました。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

Trackbacks and Pingbacks:

  1. Misia 星空のライブⅦ -15th Celebration ファイナル 感想 | absorbed in... - 2014/04/04

    […] 山崎まさよしさんがニコニコ動画でライブを行ったり、JUJUさんがLive Viewingを行ったり、森山直太朗さんが録音OKと言ってみたり、かつてのCCCDでコピーを制限するのとは逆の方向に、実力 […]

コメントを残す

*

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>