ひかりTVを解約するときに知っておくとよい注意点

2013/08/21

ひかりTVを解約するのに、いろいろ面倒くさいことがありました。
これから解約する人の参考になるといいな、な情報をまとめます。

まず、ひかりTVを解約するには、すぐに、直接解約することができず、「解約コールバック予約のご登録」から登録して、NTTぷららよりコールバックを受ける必要があります。

コールバックを受けてからがまた大変です。

オファーその1

解約理由を聞かれるので、「料金がかかるから」と答えると、お値打ちプラン3,675円 + チューナーレンタル525円 = 4,200円を、3ヵ月間半額の2,100円で提供する、という提案を受けました。

オファーその2

お値打ちプラン2,100円でも高いので断ると、基本料金もチューナーレンタル代も一切無料で、購入したビデオの代金のみを支払うプランを提案されました。
で、気に入らなかったら1ヵ月後にまた連絡して欲しいとのこと。

ゴリ押し営業

チューナーが邪魔だし、すぐ解約したいので、オファーその2も断りました。

すると、みなさん、一旦このプランに移行頂いてから解約の流れとなっている、ご協力ください、とかなりゴリ押しされました。

「いま解約したいので連絡しているのに、1ヵ月後再度連絡しないといけないのはおかしい。」「1ヵ月後再度連絡する時間が取れない。いま解約できる窓口につないでください」と押し切ると、やっとチューナー回収の件に話が進みました。

その情報、聞く必要ある?

で、チューナー回収の住所確認に進んだわけですが、ここで住所をこちらに言わせようとする。

ひかりTV契約時に住所は登録しているし、「解約コールバック予約のご登録」にも住所入力欄があり、わざわざ入力しているのに、また聞いてくる意味がわからない。

「登録している住所でよいです」で押し通しました。

心の準備を

というわけで、かなり「ムムム」な気分になりましたので、これから解約する人は事前に心の準備をしておくとよいと思います。

ちなみに、電話での説明は終始、棒読み早口でかなり聞き取りづらいので、この点も要注意です。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます

Trackbacks and Pingbacks:

  1. 1周年! | absorbed in... - 2014/03/19

    […] ひかりTVを解約するときに知っておくとよい注意点 […]

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*