コメントポリシー

本サイトのコメントポリシーを作成しました。
本サイトに投稿なさる際には、次の項目に同意して下さい。

1. コメント方法

Facebook, Twitter, Googleのいずれかのアカウントを既にお持ちの場合は、お持ちのアカウントでログインして、コメントを投稿することができます。
いずれのアカウントもお持ちでない場合は、DISQUS(本サイトにコメント機能を提供するオンラインサービス)に登録して、コメントを投稿できます。
アカウント認証を行わない状態での、いわゆる匿名コメントは許可しておりません。

2. オープンなコメントを推奨します

あなたと同じ質問を持っている人が他にいるかも知れません。みんな似たようなことを考えているものです。したがって、コメントはダイレクトメッセージではなく、ブログに投稿していただけるとありがたいです。ダイレクトメッセージで個人的にお答えするより、皆さんにいっぺんにお知らせできれば、運営者も時間を有効に使えます。

3. 私への反論も受け付けます

ディベートは歓迎しますが、お願いがあります。運営者や他の人たちに反論する場合は、敬意を払うやり方で意見を述べて下さい。

4. 場合によってはコメントを削除します。

次のような投稿があった場合は、運営者の独断でそのコメントを削除させていただきます。

  • 罵詈雑言
  • トピックから逸脱した発言
  • 他人への中傷、悪口、嫌がらせ、脅し、冒涜、性的な発言、攻撃的な発言、嘘、誤解を招く発言、他に、運営者の考える「礼儀」が欠如した発言や知的財産法を含むあらゆる法律を侵害する発言、あるいは、こうした行為をするよう他人をけしかける発言
  • 宣伝行為、勧誘行為、商品やサービスの売り込み行為などの、いわゆる「スパム行為」

5. あなたのコメントの所有権はあなたにあります

あなたのコメントの所有権は運営者にはありません。また、あなたのコメントによっていかなる不都合が生じても、運営者には一切の責任がありません。本サイトにコメントなさる方は、投稿したものに対する所有権はすべてご自分にあること、また、投稿コメントからいかなる不都合が生じても運営者は一切責任を負わないことに同意したことになります。また、運営者は投稿されたコメントを保存するよう努めますが、データ消失が発生したとしてもその責任は負いません。

6. あなたのコメントを使用する許可をいただきます

この許可はなにものにも独占されることなく世界中無料で適用され、かつ取り消し不能であることに同意していただきます。あなたのコメントに対するいかなる形式の保存、使用、発信、表示、公表、複製、分配の権利も運営者に付与していただきます。これにはブログ、書籍、ビデオ、プレゼンテーションでの使用も含まれますが、それだけに限定されるものではありません。

お互いに気持ちの良い会話を楽しみましょう

つまり、運営者の求めるものは、思いやりがあり、誠実で、尊敬に値する人たちとの楽しい会話のホストを務めることです。この簡単なコメントポリシーによって、皆さんとの会話が円滑に進むことを信じております。

Trackbacks and Pingbacks:

  1. アバウトページを作成しました | 俺の生きた印をここに記す - 2013/04/13

    […] とコメントポリシー […]

コメントを残す

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax

Text formatting is available via select HTML.

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> 

*