元気があれば何でもできる

2014/05/26

「健康第一」とか「元気があれば何でもできる」とか、昔から聞いていますが、真剣に受け止めることはしていませんでした。

なぜなら、「健康第一」については、健康か入院するほどの大病か、の両極端なイメージしか持っておらず、入院するほどの大病よりは健康の方が良いのはあたりまえ、という認識でした。

「元気があれば何でもできる」については、健康とはあまり関係なく、バイタリティにあふれていれば何でもできる、というイメージでした。

私事ですが、重いモノを肩から提げたときに、肩から首あたりの筋肉を痛めてしまいました。

猫背にしていないと肩が痛いです。あ〜痛い痛い。

健康は失ってからその大切さを実感するものです。

今回、実感しました。
「元気がないと何もできない」と。

たかが肩が痛いだけで高熱があるわけでもないのですが、常に痛みが気にかかっていると何も手につきません。

偶発的な怪我については、防ぎようがないかもしれませんが、そうでないものは予防できるものもあるはず。

痩せた土壌からは豊かな実りは得られません。

今、その大切さを実感しているからこそ、忘れないように記憶に刻み込んでおきたいです。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます