しょうもない夢はさっさと叶えてしまおう

2014/05/28

夢を叶えるには、夢をすべて紙に書き出しましょう、ということはよく言われています。
例えば、「一冊の手帳で夢は必ずかなう」、「人生の100のリスト」、「夢をかなえる人の手帳術」など。

で、実際にやってみると、しょうもない(と言ったら同じ事を考えた人に失礼ですが) 夢がたくさん出てきます。

南の島でゆっくりするとか、カリブ海をクルーズ旅行するとか。

それらの中には、「なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?」にも書かれているように、今すぐにでも実現できるものがあります。

タイで暮らすこと、カリブ海のクルーズ旅行、中国横断のバイク旅行は、みんな3000ドル(約36万円)以内でできる。ぼくは3つともやったことがある。ほかにも、手が届く金額でどんなことができるか例を挙げてみよう。

250ドル(約3万円) スミソニアン熱帯研究所の島で5日間を過ごす。地元の漁師3人が食料を調達して食事を作ってくれる。またパナマ最高の知られざるダイブスポットへのツアーに連れて行ってくれる。

150ドル(約1万8000円) アルゼンチンのワインの名産地メンドーサで飛行機を3日間チャーターする。アンデス山脈のまわりにある、最高に美しいブドウ園の上を個人ガイド付きで飛ぶ。

定年退職してからのお楽しみにとっておくには、あまりにもお手軽じゃないか?

引用元:なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか? pp.183-184

そういった夢は、さっさと叶えてしまった方がよいです。

なぜなら、

1. それってホントに夢?

その夢は、人生で死ぬまでずっとやっていたいことなのか、1回 or 数回やれば満足して飽きるのか。

おそらく、南の島で何もやることがなかったり、ずっとクルーズしていても飽きちゃうのではないでしょうか。

その程度のことなら、人生をかけたり、身を粉にして定年まで勤め上げるのを待つ必要はなく、さっさとやってしまえばよいのではないでしょうか。

2. 私を少なくし、欲を寡(すくな)くせよ

老子の言葉です。
私利私欲を少なくすることが大切という意味です。

欲が多いと、それに頭・時間・労力を使ってしまい、本当に大切なことが疎かになってしまいます。

でも、欲を少なくすることは難しいかもしれません。
なら、さっさとやってしまって、頭から追い出してしまうのがよいかもしれません。

3. 点を打つ

「しょうもない夢」と言いつつも、経験がないから、憧れがあり、夢リストに挙がるわけです。

それなら、前倒しで体験することで、未知だった世界を見てしまいましょう。

経験を積むことで、自分の中に1つの点が打たれます。
その点は、あとあと他の点とつながるかもしれないし、つながらないかもしれない。

でも、点を打たなければ100%つながりません。

まとめ

好物は先に食べますか? それとも、取っておいてあとで食べますか?

人生は思ったよりも短いです。
好きじゃないものを食べてると、好物を食べる時間がなくなるかもね。

反応して頂けると励みになります。ありがとうございます